上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1IMG_8117.jpg
初めてメス生殖虫の羽化を観察する事が出来ました。

2IMG_8120.jpg
3IMG_8123.jpg
4IMG_8129.jpg
5IMG_8142.jpg
こんにちはー。

最初の画像から最後の画像までに要した時間は、大体25分でした。

今年も無事、雌雄の羽アリを誕生させる事が出来ました。
現在の飼育環境に大きな変更を加えない限り、多分、ケブカ家は毎年雌雄の羽アリを生産してくれるのだと思います。

今年の夏はスケジュール的にどうしても無理なので、保冷なしで行きます。
スポンサーサイト
1IMG_8078.jpg
ケブカ家です。

女王のいる水槽の屋上です。
出現しているのは、多分ワーカーのみです。
オスアリのものと思われる越冬幼虫がセットを組んだ時に結構混ざったので、オスアリの幼虫や繭もいるかもしれません。

2IMG_8064.jpg
こちらが無王群近似環境と位置づけている水槽の屋上です。

女王物質によるカースト制の維持は崩壊しており、3種類(メス・オス・ワーカー)の階級が出現しています。
ちなみに、大きな繭が次期女王候補であるメスの繭です。

3IMG_8047.jpg
水槽の中はこんな感じです。
こういう感じの水槽が2つあります。

去年よりもずいぶん広げたので、広さは十分だと思っていたのですが・・・

4IMG_8080.jpg
またエサ場に運ばれちゃいました。たった1日でこんなになっちゃいました。

去年失敗したのでかなり床面積を広げたつもりでしたが、全然足りなかったようです。
去年同様、ぐちゃぐちゃになってしまいました。

5IMG_8035.jpg
メスの繭が食べられています。
去年はハラハラしながら見ていましたが、毎年恒例の行事なので、今年は「またか」という感じで見ています。

そして・・・

7IMG_8090.jpg
8IMG_8098.jpg
今年も無事オスアリが誕生しました。

去年まで夏場は毎日氷で冷却していましたが、今年はスケジュール的に無理なので、保冷なしで夏場を乗り切る事にしました。
自信はないのですが、良い代替案もなかったので、保冷なしでやってみます。
1DSCN6579.jpg
ヤマトアシナガアリでオスアリが発生してしまいました。

これはどういう事?
1.たまたまのアクシデント。
2.更新した女王に、未交尾等の致命的な問題がある。

ヤマトアシナガアリでのオスアリ誕生は今回が2度目なので、何か更新した女王に問題があるような気がします。

普通、未交尾のメスって産卵しないで死んじゃいますよね?
でも、アリの種類によっては、生き残って産卵まで至りやすいアリもいるのかなーと思ったりしています。

まだ更新した女王が未交尾と確定した分けではありませんが・・・

2DSCN6587.jpg
3DSCN6589.jpg
餌ぐいも良く、いい感じだったのですが・・・

4IMG_8085.jpg
ワーカーが餌を食べに行ってどいてくれたので、サナギを確認する事が出来ました。

3個のサナギがありましたが、サナギはすべてワーカーでした。
でも、このサナギは、前の女王が残していった子かもしれません。
そんな気がします。
昨日から仕事の内容が変わって、結構厳しい状況です。
本来するべき事をするだけなのですが、覚えないといけない事が絶望的に多すぎます。
大体把握できるようになるのに、1ヶ月ぐらいかかるかもしれない・・・・

1DSCN6476.jpg
ヒゲナガケアリです。

コツコツとドームを完成させていました。
せっかく時間をかけて完成させたドームを撤去するのは気の毒なので、そのままにしていたのですが、そろそろワーカーの誕生する時期です。

どーしても中が見てみたい。という事で、そおーっと上の部分を崩してみました。

2DSCN6481.jpg
いたいた、いましたー。

女王のお腹はペチャンコでした。

こういうのを見てしまうと、どうしてもエサをあげたくなってしまいます。
本人が自らの意思でドームに篭っている訳で、エサをあげるのは完全に余計なお世話なのですが・・・

エサをあげるには、ドームを完全撤去しなければいけません。

3DSCN6484.jpg
という事で、迷ったのですが、ドームを完全撤去しました。

ピンセットで少しずつ取り除いたのですが、全く逃げませんでした。
母は強し。

4DSCN6487.jpg
エサは蜜をあげてみました。

女王の腹部は気の毒なぐらいペチャンコでしたが・・・

5DSCN6490.jpg
こんなになりましたー。

ここまでやっちゃったので、いずれしなければならない飼育容器への移動もしちゃいました。

6DSCN6495.jpg
石膏巣への移動完了です。
テッシュペーパーは、アリが石膏巣に移動してから取り除く予定です。

石膏巣での飼育はどうも苦手です。
自分にはテッシュペーパーの方が向いているような気がします。
このまま石膏巣に馴染んでくれるといいのですが・・・


追記
7DSCN6497.jpg
翌日です。
なるほど、そうきましたかぁー。

1日かけて、コツコツと安住の地を確保したのだと思います。
このまま放置してあげたいという気持ちもあったのですが、テッシュペーパーを取り除くのが遅れると、テッシュペーパーの下の部分の湿度が高くなるので、テッシュペーパーを置いた部分にカビが生えて、その部分の石膏が黒く変色してしまいます。
飼い主の一方的な都合により、テッシュペーパーは取り除かれました。

8DSCN6505.jpg
完了です。
うまく石膏巣になじんでくれるといいのですが・・・
1IMG_7935.jpg
土飼育のクロオオアリです。

もう一年以上ブログに登場していなかったので、死んじゃってるんじゃないの?と思われていたかもしれませんが、ところがどっこい、密かに元気でした。

巣は横方向に展開する傾向が強いみたいで、地表は巣穴だらけになってしまいました。
45cm水槽では小さかったです。
でも、これ以上大きな水槽で飼育すると、今度は重くて移動出来ないという問題が発生してしまいます。

2IMG_7929.jpg
土の中はこんな感じです。
結構カッコイイでしょ?

3IMG_7932.jpg
羽化間近の繭もあります。

5IMG_7941.jpg
エサは若干セーブしています。
3日に1度ぐらいのペースであげています。

4IMG_7933.jpg
子育て担当係の腹部も、まぁこんなものだと思います。

最近数が増えてきて脱走が結構あります。
当初はケブカクロオオアリとの判別に苦労したのですが、最近では見た瞬間、歩き方で判別できるようになりました。
スタスタ歩くのがケブカクロオオアリで、チョロチョロ歩くのがクロオオアリです。
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。