上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日が雨で、昨日は晴れ。
それで昨日飛ぶのかなーと思っていましたが飛ばず。
今日は太陽が顔を出さなかったものの、気温は27度まで上昇したので、午後4時過ぎから近所のクロオオアリを少し見てきました。
時間にして10分程度です。

1IMG_7200.jpg
巣口はこんな感じ。
オスアリが何匹か顔を出していましたが、人影に気付いてすぐに引っ込んでしまいました。

今から飛ぶような感じではなかったし、飛んでいるとしても今日の飛行は終了しているような感じでした。

2IMG_7202.jpg
近くで女王候補を発見。

何度か飛び立とうとしていましたが、巨体が災いして飛ぶ事が出来ず・・・
こういう子を見ると、気になってしまいます。

「近くに切り株があるから、それに登って飛ぶといいよ」とか外野からうるさい指示を出すも全く聞いちゃくれず、ハラハラしながら見ていると・・・

3IMG_7205.jpg
ついに、その切り株を見つけてくれました。

4IMG_7207.jpg
ここからが速かったです。
あっという間に飛んでいきました。
飛んでる姿を撮りたかったのですが、無理でした。

ボケーっと眺めていましたが、いやー高くまで上がるもんです。
20メートルとか30メートルとかでしょうか?

見えなくなるまで眺めていましたが、そこから先、交尾が始まる訳です。
それを見たことのある人は多分いないので、ここからは想像になっちゃう訳です。

蚊柱みたいにオスアリの密度の高い所に、メスアリが突っ込んでいって交尾するという考えが一般的なのでしょうか?
自分もそういう感じなのだろうと思っています。

ミツバチには結婚式場があって、特定の場所で交尾するらしいので、クロオオアリもそうなのかもしれません。
太陽コンパスとか利用するのかな?

ケブカ家もケースでの交尾がうまくいかなかったら、大空に飛ばしてあげたくなってきました。
スポンサーサイト
マクロストロボって高いですよね。
欲しいなーと思っていた時期もあったのですが、あまりにも高価なので買いませんでした。

スラダケさんのブログで、安価な中国製のマクロストロボの紹介があり、興味が沸いたので調べてみました。

調べてみると似たような商品が結構あって、どれを選んでいいのかさっぱり分からなかったので、一番高価でゴージャスそうなのをポチッとしました。
3年前に調べた時は、こんな商品はなかったような気がするのですが・・・

1DSCN0116.jpg
Canon用LEDマクロリングFLASH GN15 ¥4,980(送料込み)

結局、スラダケさんのと同じものになりました。

2DSCN0120.jpg
取り付けてみるとこんな感じ。
無事、動作もしてくれました。


ついでに、エクステンションチューブとクローズアップレンズも調べてみました。
エクステンションチューブは高かったので却下。
クローズアップレンズを1つポチりました。

3DSCN0119.jpg
HAKUBA MCクローズアップレンズ No.4 ¥900(送料込み)

何故、No.4を選んだかというと、特に理由はないです。
なるべく大きく見えたほうがいいかなーという思いがあり、No.5になると急に値段が高くなっていたので、No.4にしてみました。
とりあえずクローズアップレンズというものがどんなものなのか、実際手に取って見てみたかったので、買ってみました。
使ってみて良さそうだったら、また別のを買えばいいし・・・
1DSCN0061.jpg
8月26日に採集したキイロケアリ亜属です。

この子だけ、片方だけですが翅を落としたので残しました。
大分前の事ですが、無事産卵もしてくれました。

2IMG_6779.jpg
卵の様子は随分変わってきていますが、孵化はまだのようです。
秋飛行種なので、今年は越冬幼虫を生産して終了です。

小さなアリに再チャレンジしてみようと思い、秋飛行種のキイロケアリ亜属とヒゲナガケアリとヤマトアシナガアリを採集しましたが、いずれも無事、越冬幼虫の生産までは行き着きそうです。
1DSCN0007.jpg
2DSCN0009.jpg
今年はケブカ家が想像を越えた食欲を見せたので、深刻なエサ不足になってしまいました。
同じ失敗を繰り返さないために、十分な量のワームを確保しました。

来年度も昆虫エサのメインはワームでいきます。
最近は冷凍ワームがメインになっています。
コオロギは苦手なので飼育しません。

そういえば、2年連続でハニーワームの越冬に失敗して、種親の確保に失敗しています。
今年は失敗しないようにしなければ・・・
1DSCN9942.jpg
一昨日、自販機で今まで見た事のないオスアリを見つけました。

フタフシで黄色。
大きさはヤマトアシナガアリのオスアリよりも一回り小さいぐらい。
かなりの大型です。

該当するアリが、アズマオオズアリぐらいしかなさそうな気がします。
データベースで調べてみましたが、当地にはヒメオオズアリとかインドオオズアリとかもいるかもしれません。

アズマオオズアリって、確か深夜の飛行だったような・・・
なので、普段自分が灯火を回る時間帯だと、見かける事がないのかもしれません。


追記
フタフシと書きましたが、実は確認していません。
オオハリアリのオスかもしれません。
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。