上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sDSCN5680.jpg
ムネアカオオアリの現在の状況です。

巣口は閉じており、まだ巣内に篭っているような状況ですが、最近室温も上がってきているので、重い腰を上げて掃除しました。

sDSCN5683.jpg
きれいになりましたー。

エサもついでにあげてみました。

sDSCN5687.jpg
1匹だけですが、食べにきてくれました。
いよいよムネアカオオアリも飼育開始です。

まだ大物のケブカ家が残っていますが、これがとんでもなく大変そうです。
もうちょっと冷蔵庫にいてもらう事になりそうです。
スポンサーサイト
1IMG_5489.jpg
ムネアカオオアリがやっと復調してくれました。

今年は桜の開花も例年より早かったので、調子に乗って飼育開始時期を早めてしまいました。
もう同じ失敗は二度と繰り返しません。

2IMG_5494.jpg
現在のムネアカ家はほとんど観察できない状況なので、容器の裏からの撮影です。

ケブカ家やクロオオアリと比べると、幼虫の成長は少し遅れていますが、状態はそんなに悪くないと思っています。

卵と幼虫をカウントしてみましたが、見える範囲にあるだけで220個ありました。
隠れている分も合わせると、250個以上あるかもしれません。

今年は初めてムネアカ家に目標数を設定しましたが、このままいけば目標数の600個体、無事クリア出来るかもしれません。
大きな失敗をしでかさないように、丁寧をモットーに飼育していきます。

3IMG_5503.jpg
今年、昆虫はまだハニーワームしかあげていません。
もう少し、色々な昆虫をあげないと・・・

去年の春に購入したコオロギがまだ余ってるのだけど、あげてみようかな。
使えるかな。
IMG_3944.jpg
IMG_3948.jpg
やってしまいました。

ムネアカオオアリワーカーの大量死。
20匹以上死んでしまいました。

原因もよく分かりません。
思いつく事は1点、ある事はあるのですが、それが正しいのかどうかというと自信もありません。
死亡した子が容器内にそのまま放置されていて、ワーカーが外に運び出していないのも、何か嫌な感じがします。

2年間細々と育成してきて、あっという間の出来事です。
なんとか復活してくれるといいのだけど・・・

あ~ぁ。
やっちゃった。
IMG_3724.jpg
IMG_3736.jpg
ムネアカオオアリの新巣へのセットが完了しました。
ポリカーボネートケースは当初の予定より2個多い6個にしました(増やす気満々)。

アリの入っている容器は、暖冬のせいだと思いますがカビが回ってしまいました。
ちょっと汚いけど我慢してもらいます。

去年、当家のムネアカオオアリが閉じていた巣口を開けたのは丁度サクラが満開の時期だったので、今年の飼育スタートの給餌は、サクラの満開の時期にする予定です。
多分4月5日です。

ムネアカ家は今年で3年目ですが、初めて目標数を設ける事にしました。
目標数は600個体。
今年はがんばって増やしてみようと思っています。

ムネアカオオアリは人気種であるにもかかわらず、ネット上に大コロニーにした例がないのですが、最初は上手く飼育できてそれから先細りになるパターンが多いような気がします。
よく分からないアリです。
でも去年の飼育スタート時みたいに、大きなコオロギをまるっぽ食べてくれるような食欲を見せてくれれば、こういった不安も吹き飛ぶはずです。

ためてためて、爆発してもらいます。
IMG_3652.jpg
当家のムネアカオオアリです。
今年が3年目になります。
ケブカ家やクロオオアリよりも、年が一つ下です。

1年目が39個体、2年目が195個体と、順調に増えています。

クロオオアリだと、ネット上に大コロニーにした記録がいくつかありますが、ムネアカオオアリだと500個体以上にした記録も多分ないはずです。
これは、ムネアカオオアリが樹上営巣種である事と関係していて、ムネアカオオアリを新女王から大きなコロニーに育て上げるのは難しいのかなー?と思っていたのですが、今では若干考えも変わってきていて、何か出来そうな気もしてきました。

なので、いっちょやってみっか、という気持ちになってます。
目標数を定めて飼育するのは楽しいしね。

IMG_679[1]
2年前のケブカ家と大体同じ状況なので、当時のケブカ家の飼育環境の画像を捜して見ました。

な、なつかしー。
ケブカ家は2年前、ここから800個体のコロニーに成長してくれました。

当時の記憶が蘇ってきました。
インケース方式で、ティッシュで湿度を確保した容器を2個、水を全く加えていない容器を2個用意し、飼育していました。

この画像は丁度引越しをさせる直前のもので、巣口にティッシュが詰めてあります。
巣口に詰めたティッシュを取り除き、引越しが完了した時点で、アリの入っていた2個の容器を回収し、飼育をスタートさせました。

IMG_3663.jpg
という事で、同じものを作ってみました。

当時のケブカ家は、この設備で100個体から800個体に成長したので、現在190個体の当家のムネアカオオアリは1000個体をオーバーするかというと、これは絶対にならない自信があります。
当家のムネアカオオアリは去年絶好調だったにもかかわらず、産卵数が意外に伸びなかったので、これは確信しています。

当家のムネアカオオアリは、間違いなく器量は世界一ですが、繁殖力は多分普通の子です。

で、目標数ですが、現在のワーカー数は190個体。越冬幼虫は100個ぐらい?
去年150個体ぐらい増えているわけで、それぐらいは最低でも余計に増えてくれないと困ります。
となると450個体前後。

この数字はあくまで最低のラインであり、通過点でないと困ります。
となると目標数は600個体ぐらい?

600個体という数字は、当家のムネアカオオアリが去年と同じぐらいの好調を維持できれば、十分可能な数字だと思っています。
という事で、今シーズンのムネアカ家の目標数は600個体に決定です。

最近、巷では産卵開始や幼虫の成長の報告もあり、少し羨ましくもありますが、当家のアリ達にはもう少し静養してもらいます。
4月下旬の産卵開始を目指して、現在、冷蔵庫に保管中です。
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。