上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アリの歩き方というか、アリは6本の脚をどうやって動かしてるの?と疑問を持った事はありませんか?
自分はちょっと興味をもった時期があって、観察してみた事があるのですが、さっぱり分かりませんでした。

少し工夫して観察してみたり、ネットで調べたりすれば簡単に解決する問題ですが、そこまで興味があった訳でもないので、今まで放置していました。
偶然分かりやすいアリの歩き方gif動画を見つけたので、紹介します。

多くの人を感心させていた「アリはどうやって歩いているか」という画像


ちなみに、この歩き方は高速の時の歩き方で、三脚歩行というそうです。
昆虫は低速歩行のさいは、波状歩行というものをするそうです。
ただし、アリが波状歩行をするのかどうかは知りません。


春の管理も一段落ついて、今日は暇なのにブログを更新するネタもないで、すこし脱線してみます。

5aDSCN8688[1]
淘汰されている当家のキイロシリアゲアリの女王。


2年ぐらい前でしょうか?
「ダーウィンが来た」の「潜入!琥珀に輝くアリ王国」でミツツボアリの特集がありました。

ミツツボアリもキイロシリアゲアリと同様、複数の女王が協力して巣を立ち上げる多女王制のアリらしいです。
複数の女王で巣を立ち上げるので、巣は一気に大きくなるわけですが、その後複数の女王は必要なくなり、淘汰されて1匹になるらしいです。

女王の淘汰に関しては、女王間で順位づけがなされ、弱い女王がワーカーによって殺されていくというような内容だったと思います。
これに関しては、そうかもしれないしそうでないかもしれないと思っています。

女王の淘汰では、すごく疑問に感じている事があります。
ワーカーはどうやって淘汰する女王と普通の女王を見分けているの?

実際去年、当家のキイロシリアゲアリにおいても女王の淘汰がありましたが、ワーカーは皆、淘汰すべき女王を知っているようにみえました。

淘汰される女王と淘汰されない女王の違いって何?
何か目印でもあるの?

目印があるとしたら警報フェロモンが怪しそう。
警報フェロモンは蟻酸の中にも入っているらしいので、何者かに蟻酸をかけられた?
キイロシリアゲアリには蟻酸はないので、毒液か・・・

と、色々想像していた訳です。

ここで、新たな疑問が生じます。
もし、この考えが正しいとしたら、攻撃対象の女王を取り出して、水洗い等で目印を取り除いたら攻撃は中断するんじゃないの?

という事で、実際に去年やってみたのです。


結果は・・・

見事、失敗に終わりました。

今思うに、手法にも色々問題があったと思います。
そういう事をしてみた事があるよ、という話でした。



追記
ケブカ家のペアリングはダメかもしれません。
オスが大量に死んでしまいました。
どこかで管理をミスったのかもしれません。
スポンサーサイト
bDSCN5689.jpg
キイロシリアゲアリが絶好調です。
未だかつて見たことのない、食欲をみせています。

良いスタートを切る事が出来たようです。
もし、このままの状態を維持できるとしたら、とんでもない数になってしまうかもしれません。
少しセーブしたほうがいいのかなー。

ボケーっとしてる間に、ケブカ家のペアリングの時期も差し迫ってきました。
まだ何も用意していません。そろそろセットしないとヤバそうです。
次の日曜日までには何とかしないと・・・
1DSCN5649.jpg
1週間前に、キイシリ家に初給餌しました。

2DSCN5653.jpg
くいつきは、バッチリ。
完食でした。

3DSCN5655.jpg
昨日、少し大きめの冷凍ハニーワームを1個投入。

4DSCN5668.jpg
数時間後に見てみると、食いつきはいま一つだったのですが・・・

5DSCN5672.jpg
今日、見てみると、ほぼ完食していました。

6DSCN5662.jpg
昨日撮った、幼虫塊の一部の画像です。

7DSCN5677.jpg
これは、本日撮った同じ幼虫塊の画像です。

幼虫塊の様子が一変しました。
どう変化したかというと、幼虫塊のふんわり感が増して、幼虫にツヤが乗って、色が若干変化したような感じだと思います。

毎年、この幼虫の変化には何となく気がついていましたが、たった1日でこれだけ変化しちゃうのは驚きです。
いよいよ、キイシリ家に春の到来です。

オオアリ亜属は、桜のつぼみがふくらむまで放置する予定です。
毎年、この時期になるとエンジンが掛っていたのですが、今年は何か気持ち的にいま一つです。
1ヶ月後にはケブカ家のペアリングも控えています。
気持ちを入れ直さないと・・・
艦これ-015
艦これ-021
艦これ-022
艦これ秋のイベント、「決戦!鉄底海峡を抜けて!」を無事クリアしました。

8月に艦これを始めた当初は弱くて頼りなかった娘達が、いつのまにか強くたくましく育っていました。
アイアンボトムサウンドは、我が娘達の敵ではありませんでした。

次回のイベントはいつあるのかな?楽しみです。


ていうか、当ブログはアリのブログなので、アリの話題も。


aDSCN0110.jpg
キイシリ家です。

もうサナギはなく、すっかり秋の装いです。
越冬幼虫の山は全部で4つあるので、画像の4倍ぐらいの越冬幼虫がいます。
たくさんいます。

冬に向けての準備は万全だと思います。

エサは10月の下旬頃に切りました。
来年の春まであげません。

女王の腹部が小さいような気もしますが、初めての事なのでよく分かりません。
多分これで正しいはずです。
1DSCN9950.jpg
2DSCN9953.jpg
キイシリ家です。

最近、エサを食べる量が、極端に少なくなりました。
見た感じだと良く分からないのですが、本人達は着々と越冬の準備をしているのかもしれません。
幼虫や蛹が全部清算されるのは、多分10月の中旬以降だと思います。
ここら辺、キイロシリアゲアリは初めてなので、まだ把握していません。

増えましたー。
10月の中旬には、総数1500個体ぐらいになるかもしれません。
2月中旬から加温していたのでここまで増えましたが、通常飼育だとここまで増ていなかったと思います。

エサは蜜エサと動物性飼料はほぼハニーワームだけでした。
キイシリ家用に小さめのハニーワームを冷凍保管し、それを毎日、氷ったまま1個あげてました。
動物性飼料は色々あげたほうがいいのは重々承知しているのですが、冷凍ハニーワームはとにかく楽なのです。

来年、キイシリ家は総数何個体になるのでしょうか?
5000~10000個体?
それぐらいになるような気がします。
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。