上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_3742.jpg
IMG_3744.jpg


データベースにある「体色は黒色で脚は黒褐色」という項目に合致している。
「前胸は褐色がかる場合が多い」とあるが、これにも合致する。

腹柄節はデータベースの画像ですら、イトウオオアリとの差が分からないので見なかった。

その他、触覚やアゴも黒褐色をしているが、これもデータベースの画像と一致する。

ウメマツオオアリで間違いないだろう。



とてもおとなしく、ほとんど動かない。
しかし脱走の名人らしいので、油断はできない。

年内に合計4個体のワーカーが誕生する様だ。繭がまだ2個残っている。

しかし、ちっちぇ~。
スポンサーサイト
DSCN5029.jpg

ウメマツオオアリが産卵していた。
年内にワーカー誕生してくれるだろうか?
答えはもうすぐ出るはずだ。
DSCN4929.jpg

仮称ウメマツオオアリが奇跡的に脱翅していた。
産卵しているかどうかは、まだ不明。
小さすぎてよく分からない。

年内にワーカーが誕生する場合と、ワーカー誕生が翌年になる場合があるそうだ。
できれば年内にワーカーを見せていただきたい。

IMG_1499.jpg


一昨日ついにウメマツオオアリ亜属の飛行があった。
6個体見つけたが、全部有翅個体。
1個体だけ連れて帰ってきた。

しかし、小っちぇ~。
飼育するにはちょっと危険な大きさだ。

現時点でイトウオオアリとウメマツオオアリのいずれかを判断するのは厳しそうだ。
しかしワーカーが誕生すればなんとなく分かるはず。
といってもワーカー誕生まで行き着く自身もない。


やはり飼育するにはクサオオアリ亜属ぐらいの大きさがほしい。

クサオオアリもそろそろ飛行のはず。
自販機に来たオスアリを毎日チェックしているが、まだ飛んだ様子はない。
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。