上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1DSCN5698.jpg
去年の秋に採集して、冷蔵庫に保管していた、トゲアリ女王です。

タッパーの外から見たときは一見死んでいるように見えましたが、蓋を開けてみると、脚がピクピク痙攣していました。

2DSCN5714.jpg
5分ぐらいで、無事覚醒。

南方系のアリだけあって、覚醒も早いようです。
ケブカクロオオアリにみられるような仮死状態とは、少し違う感じです。

冬にミカドオオアリを採集して、寄生させて飼育する予定でしたが、冬場に腰を痛めてしまい、結局飼育する事はありませんでした。

ケブカ家を飼育していて見えてきた事があって、2000個体を越える宿主にトゲアリを寄生させると、1年で1000個体を超える可能性があるんじゃないの?という事で、それを証明してやろうと思っていたのですが、今回は飼育を見送る事にしました。

今から採集したのと同じ場所に返してきます。
飼育はまた別の機会に持ち越しです。
スポンサーサイト
世間では記録的な大雪だそうですが、当地はほとんど降っていません。
去年も楽チンでしたが、今年も雪かきをしなくてすみそうです。

DSCN5614.jpg
去年の10月下旬に採集し、密閉容器に入れて冷蔵庫に保管していたトゲアリ女王です。

乾燥する心配がなかったので、今までほったらかしにしてました。
生きてるかな?と確認してみた所、無事生きてました。

現在、腰を痛めているので、宿主の採集が無理な状況です。
春先にリリースするかもしれません。
ちょっと様子見です。
最近、艦これにはまっいまして、帰ったらそく艦これ三昧です。
まさかこの年になってゲームにはまるとは思ってもみませんでした。

無王群近似環境に関してのご質問をいただいていたのですが、そんな訳で放置気味になっていました。
今月中に記事にさせていただきます。


午後4時ぐらいから、トゲアリをちょっとみてきました。

1DSCN0101.jpg
深い側溝には落ち葉がたまっていて、もうアリを捜すのは困難な状況でした。

2DSCN0098.jpg
3DSCN0100.jpg
なので、こんな感じの場所を少し探索。

4DSCN0104.jpg
心境の変化から連れて帰りました。

とりあえずはタッパーに入れて、乾燥による事故を防ぐためジップロックできっちり密閉して、冷蔵庫に直行です。
宿主は冬場にゲットする予定です。
各地でオオアリ飛行の報告がありますが、当地ではまだほとんど飛んでいないはずです。
樹上性のオオアリについてはよく分かりませんが、クロオオアリに関しては全く飛んでいないです。

16・17・18日あたりに飛びそうです。
16日は休みなんだけど、3時から歯医者に行かないといけません。
16日は曇りで、予想最高気温が26度。
間違って太陽が顔を出すようなら、この日にドカッと飛びそうな気がします。


あにまりあさんの掲示板で灯火採集が話題になっていたので、灯火も少し回ってみようと思います。
ただ、春飛行のオオアリの灯火に関しては、あまりいい思い出がありません。
去年は羽を落としたムネアカとミカドを1匹ずつ見つけただけ。

一昨年は灯火で、ケブカクロオオアリを見つけました。
近所にケブカクロオオアリがいた事にいたく感動して、家に帰って開けてみたら、なぜかミカドオオアリが入っていました。
暗くて真っ黒に見えたので、勘違いしただけでした。
ただ帰りの車中でのハッピー感は格別のものがありました。

IMG_0313.jpg
トゲアリ女王が見当たらなく、1個体死亡しているアリがいたので、写真に撮ってみた所、それがトゲアリ女王である事を確認しました。

頻繁に栄養交換もしていて、比較的いい状態だと思っていたのに・・・

今回は、たくさんのアリを殺してしまいました。
結構な罪悪感が・・・

残ったクロオオアリ達には、何とかして活躍の場を与えてやりたいと思っています。
午後4時すぎから、近所を少し散歩してきました。

IMG_0222.jpg
遅咲きのシダレザクラのサクランボです。

ヤエザクラのサクランボは、捜したけど見つけられませんでした。
実がなる雰囲気が全くなかったので、ネットで調べてみました。

「七重八重花は咲けども山吹の(実)みのひとつだになきぞかなしき」という、中務卿兼明親王の歌がヒットしました。

ヤエザクラは絶対に実が一つもならないのかな?
おもしろそうなので、今後も観察してみようと思います。

IMG_0183.jpg
IMG_0186.jpg
IMG_0184.jpg
ちょっと写真を撮ってみました。

IMG_0201.jpg
ポプラの太い枝に、ヨツボシオオアリが営巣していました。

オオアリ亜属と違って、この時間帯に飛行するとは考えにくいので、飛行が終了した後の場面に遭遇したのかもしれません。
ちなみに気温は27度で、クロオオアリの巣口は閉じているような状況でした。


現在のトゲアリの状況です。
IMG_0176.jpg
セロファンの上に旧容器を乗せていたため、セロファンがふやけて波打ってしまって、中がほとんど見えません。

30個体ほどのワーカーがアリ容器の外に常駐しているため、セロファンを取り除いたり交換したりする事も、ほぼ無理な状況です。

まだ冷蔵庫から出して6日目なので、クロオオアリワーカーの食欲はいまひとつです。
ただ、トゲアリ女王は頻繁に栄養交換しています。
腹部も膨張していて、チョロチョロ動き回らずどっしりと構えているので、いい感じだと思います。

といいつつ、実は問題が発生しています。
トゲアリ女王の右側の中脚が途中から欠損している可能性があります。
はっきり見えないので絶対そうだとはいいきれないのですが、多分そうです。

脚に欠損のある女王は長生きできない場合が多いようです。
どうしようもない事なので、それはさておき、このまま静かに見守り、9月のトゲアリワーカー誕生を目指します。
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。