上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1DSCN5914.jpg
重い腰を上げて、繰越にしていたヒメキイロケアリの立毛の確認作業に挑戦した。

触角柄節および脚脛節(スネの部分)に立毛があるのは、キイロケアリ亜属ではヒメキイロケアリだけなので、要するに触覚もしくはスネの毛を確認するだけの作業だが、対象があまりにも小さいので、現状の設備では多分無理だと思い保留してきた。


2IMG_4511.jpg
触覚の撮影は無理なので、脚を撮影してみた。

脚腿節(フトモモの部分)に立毛は確認できるが、スネには確認できない。
現状の設備の限界だ。
データベースの画像を比較してみると、フトモモの部分に立毛があるのもヒメキイロケアリだけなので、これでよしとしようか・・・


3IMG_4504.jpg
この画像だと、なんとなくスネにも毛がある様に見える。
あるよね?

これ以上設備を増強するつもりはないので、これをもってヒメキイロケアリ確定という事にしようと思う。


4IMG_4491.jpg
おそらく越冬幼虫だと思うが大きい。
数は3個ある。
この大きさがキイロケアリ亜属の越冬幼虫のスタンダードなのだろうか?

そして本当にこのつぶらな瞳の女王から、小さな目をしたワーカーが生まれてくるのだろうか?

NEXT Entry
077 ケブカクロオオアリ越冬
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。