上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハニーワーム(ハチノスツヅリガ)であるが、2セットが奇跡的にコナダニの汚染を受けなかった。
2セットあれば数としては十分なので、これでよしとする事にした。

ただ、いつ加温を中止していいのか分からない。

一部のハチノスツヅリガで産卵は確認しているが、まだ孵化はしていないような気がする。
加温を中止したら当然孵化はしないだろうし、孵化直後の小さな幼虫が寒さに耐えられるのかどうかも分からない。
しかしあまり加温を長引かせると、幼虫が大きくなりすぎる。

出来ればアリが簡単に巣まで運びこめるような大きさの幼虫がたくさんほしいのだが・・・
この辺の加減は難しそうだ。


DSCN5943.jpg
現在越冬中のヤマトアシナガアリ。
他の加温飼育予定のアリと同様に、4~6度で保管している。

調子はけして悪くないと思うのだが、よく分からない。
アシナガアリがおもわしくないので、あまり自信はない。

ハニーワーム2セットだけのために保冷温庫を稼動させるのはもったいないので、近日中に加温飼育第1号として、ヤマトアシナガアリを保冷温庫に加える予定だ。
少し早過ぎるとは思うのだが・・・

他の加温飼育予定のアリも徐々に加えていく予定だ。

NEXT Entry
086 アシナガアリ成長開始?
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。