上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハニーワームの繁殖が思わしくない。
失敗したのかもしれない。

電気代節約のために、なるべく低い温度で繁殖させたかったのだが、その考えが仇となってしまった様だ。

一応冷凍したハニーワームは用意してはあるのだが・・・
冬場のエサには苦労しそうだ。



DSCN5959.jpg
3日前に、アシナガアリ・ヤマトアシナガアリ・ヒメキイロケアリを保冷温庫に移動した。

現在の温度設定は22度。
この温度はあくまで一時的なものであり、ケブカクロオオアリとクロオオアリを移動して、それらが高温になじんでくれた時点で、最終的な温度を設定する予定だ。

本日、様子を確認したところ、アシナガアリの幼虫が成長しているように見える。
加温して3日目で成長が確認できるというのも、いささか早過ぎる様に思うのだが、成長しているようにしか見えない。
勘違いではないと思う。

幼虫がどれぐらいの大きさに成長すれば、エサを直接食べるようになるのだろうか?
数日後ぐらいに一度給仕してみようと思う。




アシナガアリの事を夏頃にネットで検索したところ、おもしろいサイトを見つけた。
単為生殖の話・・・働きアリが働きアリを産む話

「アシナガアリ Aphaenogaster の女王アリは単為生殖で、メスを産むといわれている。」と書かれている。
アシナガアリの未交尾の有翅女王が脱翅して、単為生殖でワーカーを生産する事も、論理的には可能なのだろうか?

その他、ムネボソアリ・クロナガアリ・トビイロケアリ等のメジャーなアリも、働きアリが単為生殖により働きアリを生産するなど、おもしろい事が書かれています。



NEXT Entry
087 ケブカクロオオアリ越冬状態解除
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
62
面白い記事ですね。
カーストや染色体から進化の過程が垣間見えるのは新鮮な驚きでした。
普段あまりに大群すぎてスルーしていたアミメアリにも進化の名残として雄アリや女王のような個体が混じっていることが分かったので、一気に注目の存在になりました(笑)

63
YOSHIKI KAWANOさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ただ自分がすごく不思議に感じるのは、クロナガアリやトビイロケアリなどのメジャー級のアリが単為生殖するのなら、なぜその話題がアミメアリに隠れて出て来ないのかという事です。

自分には検証するだけの気力はないですが・・・
小さなアリは今以上増やさないと心に決めています。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。