上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検索エンジンから当ブログに飛んでくるワードを調べてみたのですが、1位はハニーワーム(ハチノスツヅリガ)で2位はマダライモリでした。

当ブログは基本的にアリのブログなのですが、アリはやはりマイナーな存在の様です。


ハニーワーム(ハチノスツヅリガ)に関しては、5月以降暖かくなりましたらカテゴリを作って成長を記録してみようと思っています。

マダライモリに関しましては、春から繁殖の時期に入りますので、積極的に当ブログに出場してもらう予定でしたが、ダメかもしれません。
現在、残念な事にオスが拒食になってしまいました。
前途多難な状況です。


IMG_4735.jpg
現在のハニーワーム(ハチノスツヅリガ)の育成状況です。
ある程度成長しましたので、アリ用に小さなサイズが欲しいため、現在はほぼ無加温状態で維持管理しています。

現在は、小粒の錦鯉のエサにケーキシロップを浸み込ませた培地のみで、採卵から育成まで行っています。

培地の水分補給は本来ハチミツがいいと思うのですが、高価なので現在はケーキシロップで代用しています。
水分補給は培地がカビたり腐敗したりしなければいい訳で、工夫次第ではもっと安価に済ませる事も可能だと思います。

今回は成虫が小さかったため産卵数も少なかったらしく、数はあまりとれませんでした。


IMG_4738.jpg
クロオオアリがやりました。成長を開始してくれました。

現在までの経緯を説明しますと、4~6度で越冬させた期間は45日間で、加温開始から成長が確認できるまでの期間は12日でした。

ケブカ家よりも越冬期間は短く、加温開始時期も遅かったわけですが、これは単純にコロニーが越冬準備をしてくれるのが遅かったためです。

越冬中2個体のワーカーを亡くしており、現在のワーカー数は19個体です。

これでとりあえずは4~5月までの成長が約束されたという事になると思います。


残るはケブカクロオオアリです。
どちらもオオアリ亜属で生態も比較的似ています。
それに住んでいたのも、ほぼ同じ場所です。
そろそろ成長を開始てくれないと困るのですが・・・・

現在のケブカ家の状況ですが、観察できない状態です。
アルミで覆った新容器に移動してから、まだアルミを取っていません。
なるべく落ち着いた環境で過ごしてもらおうと思い、アルミを取るのを我慢しています。
ただ我慢も限界に近づいてきたので、近日中にはアルミをはずそうと思っています。
NEXT Entry
094 トイレ付きアリ巣 no.1
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。