上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分は基本的にギャンブラーです。
ギャンブラーというのは科学的でなければならない訳ですが、なぜかげんを担ぐという相反する非科学的な行動をとってしまうものです。

当ブログの主人公であるケブカ家が成長しないのは、記念すべき100回目の記事に登場するのを待っているために違いないという、実に非科学的な結論に達し、ネタもないのに無理やり99回目の更新をする事となりました。



DSCN muneaka1
ケブカクロオオアリは樹上性のオオアリですが、イモムシ等の小昆虫を積極的に巣に運びます。
しかしこれは特殊な例らしいです。

一般の樹上性のオオアリの食性は謎の部分が多くて、固形物を巣に運ぶ事はめったにないらしい。
という話が頭の片隅にあった訳ですが、8月にムネアカオオアリが何かを得意そうに運んでいるのを発見しました。

それで興味がわいて強奪してみたのが画像の物体です。
コンデジ画像しかないので、見にくいです。

この画像は強奪してから2日経過したもので、形も崩れてきていますが、手前にアリの頭部がなんとなく確認できると思います。

強奪直後ははっきりとアリの頭部が確認でき、ケアリの女王のようなイメージを持ちました。
ただ見れたのは顔の正面だけなので、全く違うアリかもしれません。

DSCN muneaka2
反対側の画像です。
矢印の部分はアリの脚です。

これが何かと問われれば、多分多くのアリの集合体なのだと思います。

この物体がどのようにして作られたのか?
ムネアカオオアリがなぜこの物体を運んでいたのか?
ムネアカオオアリがこの物体をこれからどうするつもりだったのか?
すべて謎です。


謎が謎を呼ぶ不思議な物体の話でした。

NEXT Entry
100 ギブアップ
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
73
 うーーむ、これは不思議な物体ですね。
 樹冠に住む昆虫の研究は遅れていると聞いたことがあります。
 それは決定的な方法がまだ開発されていないからだとか聞いたような・・

 まぁ、それはさておきましてこの物体、面白いですね。もし、アリの集団というか詰め合わせだとしたらアリがそういう形で餌を「貯蔵」するという事にもなるのでしょうか?
 余談ですが、この形を見てなぜか「モズのはやにえ」が頭をよぎりました。

75
あにまりあさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

改めて画像を見て思ったのですが、昆虫捕食者の排泄物のような気がしてきました。
2枚目の画像を見ると小石がくっついていますが、それは最初は湿っていたものが乾燥したためではないかと。
想像でしかありませんが・・・

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。