上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケブカ家の加温飼育ですが、本日で50日目に突入しました。
そろそろギブアップ宣言をする時期なのだと思います。


26度前後での50日間の無駄な飼育というのは、アリの人生にとってどれぐらいの長さに相当するのか想像してみました。

ワーカーの寿命を2年間と仮定します。
これは当然、夏や冬を通しての寿命です。
変温動物の寿命は環境の温度によって決定されるわけであるから、26度前後の恒温で飼育した場合の寿命は、その3分の2から2分の1ぐらいのような気がします。
人生の10分の1以上の時間を無駄に過ごさせてしまった可能性もあるのかもしれません。


今後の選択肢ですが、越冬させるか現状を維持するのかのいずれかだと思います。

越冬という選択ですが、不安点があります。
幼虫が越冬幼虫とは明らかに様子が違ってきています。
色が若干薄くなって、ばらけてきています。
これらの幼虫に再び越冬する能力があるのかは疑問です。

現状維持という選択肢を選ぶのが妥当だと思っています。
恒温で飼育すれば、強い季節感を持つオオアリ亜属でも、いつかは必ず目覚めてくれます。
これは多くのネット上のデータから見て間違いないはずです。

とりあえず2月一杯は現状維持で様子を見る事にしました。


ふと秋に桜の花を咲かせるTVの企画番組を思い出しました。
結果は咲くには咲いたのだけど、ほんの少ししか咲きませんでした。
季節をだます事に失敗した今期のケブカ家は、季節を完全にだます事が出来なかった秋に咲く桜の花の様になってしまうのだろうか。

ワーカーの腹部は大きいままで、エサはほとんど食べてくれない。
ん~。

NEXT Entry
101 ヤマトアシナガアリ
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。