上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN6065.jpg

保冷温庫の余剰スペースがもったいないので、予定はなかったが急遽トゲアリの飼育を開始した。
トゲアリは活動期間の長いアリなので、スタートとしてはちょうどいい時期なのかもしれない。

宿主のクロオオアリの数は17個体。
当初予定していた数の20~30分の1になってしまった。

さすがに少な過ぎるので何とかしたいが、2009年産クロオオアリワーカーはダメモトで翅アリ生産を目指しているので使えない。
幼虫に対して過剰の働き蟻が存在すると、メス翅アリを生産しやすい環境になる様なので、2009年産クロオオアリから越冬幼虫をいただく事にした。
これによりトゲアリ飼育の不安が減少し、2009年産クロオオアリコロニーのメス翅アリ生産にとっては好都合となる状況を期待する。

という事で越冬幼虫ならいくらでも追加する事ができる状況にあるわけだが、ワーカー17個体が育てる事ができる幼虫の数には限度があると思うので、追加は少数にとどめた。
3月上旬頃まではアリの動きも鈍く、越冬幼虫の取り出しも可能だと思われるので、様子を見てまた追加しようと思う。


トゲアリコロニーに越冬幼虫を加えた所、興味深いシーンを目撃した。
クロオオアリワーカーがトゲアリ女王のアゴを咥えて、越冬幼虫のある場所までトゲアリ女王を引きずって行った。
トゲアリ女王は完全にクロオオアリワーカーに女王と認められているようだ。

NEXT Entry
107 幼虫に変化はあるものの・・・
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。