上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハニーワームやハチノスツヅリガの検索ワードで当ブログに飛んで来られる人が結構おられる様なので、現在繁殖中のハニーワームの成長過程をまとめてみました。

当然、今の時期だと寒過ぎますので、普通に飼育していたのでは繭化・羽化・産卵には至りません。
25度以上で加温飼育した場合の成長記録となります。


培地に関しては、フスマにハチミツを加えたもので十分だと思います。
ただそれだと飼料として利用するにはあまりにも栄養面でお粗末ではないかと思い、浮上性の錦鯉のエサにハチミツやケーキシロップを染み込ませた物を培地として利用しています。

雑食性の昆虫を飼育する場合、魚の飼料は栄養面でも優れており、適しているらしいです。


DSCN6047.jpg
培地のベースとして利用している浮上性の小粒の錦鯉のエサです。
今回、浮上性の錦鯉のエサには高価でしたが、スピルリナに含まれるβーカロチンとエビミールに含まれるアスタキサンチンの2種類のカロチノイド系色素が配合されているスイミー小粒を利用しました。

普段は一番安いものを利用しています。


DSCN6057.jpg
錦鯉のエサに適当量のケーキシロップを加えて2日間ぐらいなじませた後、当家の第三世代の低温保管中のハニーワームの小さな幼虫(2011.01.16の記事)を12個体入れて、約25度で加温飼育中の様子です。

培地にもぐっているので、ハニーワームは見えません。

2011.02.12


DSCN6067.jpg
DSCN6073.jpg
9日後の画像です。
25度を越える温度で飼育すると、成長はおそろしいほど早いです。

2011.02.21

次回に続きます。
NEXT Entry
NO.116 ハニーワーム(ハチノスツヅリガ)の成長記録 その2
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。