上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN6247.jpg
トゲアリ1号の現在の状況です。

経緯を説明しますと、2月の下旬に加温飼育を開始し、3月の上旬に産卵開始、そして現在に至っています。

幼虫の成長が異常に遅いので、今いる幼虫が宿主クロオオアリワーカーによる無精卵からのものではなく、トゲアリの幼虫である事は間違いないと思っています。

いたって順調そうに見えますが、宿主クロオオアリワーカーの数が少なく、それが現在はさらに減ってしまい12個体になってしまいました。

もしこのまま順調に育ってくれるとすれば、6月の上旬にトゲアリのワーカーが誕生するはずですが、結構厳しいようです。

年内のワーカー誕生を100%あきらめている分けでもないのですが、基本的には来年のワーカー誕生を目指しており、年内は宿主クロオオアリワーカーの数を増やすという方向で育成していきたいと思っています。


トゲアリ2号のほうは現在アリ巣をアルミで被っていて全く観察できない状況ですが、7月中旬のトゲアリワーカー誕生を目指します。

NEXT Entry
NO.127 2010年産クロオオアリ
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。