上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年、日本海側は記録的な大雪に見舞われました。
特にケブカ家の故郷である今庄近辺は、統計を取り始めて以来最高となる積雪を記録しました。

要するにケブカ家の故郷は、誰も見た事も聞いたこともない様な大雪に見舞われたわけです。

ケブカクロオオアリは無事だったのだろうか?
元気にがんばっているのだろうか?

ずっと気になっていました。

1DSCN6345.jpg
2DSCN6346.jpg
近くの山々にはまだ雪が残っています。
おそるべし。

3IMG_5486.jpg
4IMG_5484.jpg
特に被害が目立ったのが桜の木です。
無傷の桜の木は3割ぐらいだと思います。
ほとんどの桜の木で枝が裂けたり折れたりしており、致命的なダメージを受けていると思われる桜の木も少なくありませんでした。

折れて根からの栄養を断たれた桜が、そのせいで開花が遅れたようで、地面で満開に咲き誇っている不思議な光景が広がっていました。

5DSCN6348.jpg
ケブカクロオオアリの住む桜の木です。
最悪の状態でした。

左の桜の木がケブカクロオオアリの家なのですが、桜の木は風前の灯です。

というか今の時期に満開という事がありえません。
根からの栄養が断たれたため、開花が遅れてたと解釈するのが妥当だと思います。
この桜の木はすでに死んでいるのかもしれません。

右側の桜の木は完全に枯れています。
下草はきれいに刈り取られており、日当たりと風通しは良好のように思われます。

貴重な動物の住む家なのですが、枯れてしまえば切り倒されてしまう可能性が高いと思っています。

10IMG_5297.jpg
11IMG_5309.jpg
12IMG_5316.jpg
ケブカクロオオアリ達です。

無事でした。
巣はおそらく長い間、完全に雪に埋まっていたはずです。
よくぞ生き抜いてくれたものです。

8IMG_5411.jpg
9IMG_5413.jpg
ケブカクロオオアリの住む桜の木の完全に折れてしまった枝です。

満開の桜の中、ケブカクロオオアリの結婚飛行は行われるかもしれません。
その頃もう一度来るから、一匹だけちょうだいね。


NEXT Entry
NO.133 ケブカ家の故郷下見 その2
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。