上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN6429.jpg
DSCN6430.jpg

現在のワーカー数51個体。
今年は一切の手抜きなしで、丁寧に育成してきたつもりです。

冬場に加温飼育を開始し、幼虫が成長を開始してから本日で丁度4ヶ月が経過しました。
計画だと、そろそろ越冬準備をしてくれないと困るのですが・・・

今だに70個体前後の成長途中の幼虫がいます。
無理なスケジュールで、オオアリ亜属を1年で2シーズン育成する事の難しさに直面しています。


いままで26~27度の恒温で育成していましたが、本日より常温で育成し経過を見守る事にしました。
常温といっても、現在常温飼育している2009年産クロオオアリは普通に成長している温度なので、育成に障害が出るほどの低い温度ではありません。


2010年産クロオオアリは寒さを秋の訪れと判断して、越冬体制に突入するのか?
もし越冬体制に突入するとすれば、今いる大きめの幼虫を全部食べてしまうのか?
はたまた何もおこらないのか?

想像できるパターンはいくつかありますが、どうなるのかは見当もつきません。


NEXT Entry
NO.137 トゲアリ1号
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。