上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日ケブカ家の故郷に行って来ましたが、残念な結果になってしまいました。
ケブカクロオオアリ女王どころかクロオオアリ女王もムネアカオオアリ女王も何もいませんでした。

1IMG_6129.jpg
クロオオアリの巣口ですが、待機している羽アリどころか、巣口にはワーカーの姿さえ見る事ができませんでした。

かくして2011年の春は、敗北とともに過ぎ去っていったのでありました。
しゃんしゃん。


到着した時点でダメだと分かったので、ケブカクロオオアリ女王捜しはあきらめて、若干野外観察をしてきました。

2IMG_6214.jpg
3IMG_6226.jpg
クロオオアリやムネアカオオアリやケブカクロオオアリが桜の木を餌場にしていて、腹部をはちきれんばかりに膨らませて桜の木から下りてくる姿はよく目にしていましたが、ずっと桜の木のどの部分から樹液を得ているのか疑問に思っていました。

桜の葉柄には蜜腺がありました。
太古の昔から桜とアリは共存関係にある友達だったのです。

知ってましたか?
知らぬは自分ばかりなり。

ケブカ家の故郷は今年記録的な大雪に見舞われたたため沢山の桜の枝が折れてしまい、折れて地上にある桜の枝が葉をつけ、そこに集まるケブカクロオオアリの採餌行動から容易に確認する事ができました。

ということで、ずっと持っていた疑問が一つ解決しました。

4IMG_6245.jpg
5IMG_6239.jpg
IMG_6203.jpg
6IMG_6249.jpg
7IMG_6248.jpg
桜の蜜腺をなめるケブカクロオオアリ達です。
本当に美しいアリです。


その他の画像

8IMG_6184.jpg
基本的に昆虫の名前はほとんど知らないので、某掲示板で聞いてみました。
ヤマトシリアゲというそうです。
アリみたいな名前ですが、アリではありません。念のため。

いかにも凶暴そうな風貌ですが、死んだ虫の体液を吸うそうです。

10IMG_6291.jpg

力尽きたクロオオアリ女王。
生きているように見えますが、死んでいます。

NEXT Entry
NO.148 再び冠山
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。