上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1DSCN6692.jpg
昨日再び冠山に行ってきました。
標高1000m地点まで車で行けるので、標高の低い地点では終了しているオオアリ亜属の飛行もまだ見れるのではないかと楽しみにしていたのですが・・・

無念の通行止めです。
ここにも今年の大雪の傷跡が残っていました。

2DSCN6699.jpg
3DSCN6701.jpg
引き返して、前回渡ることができなかった通行料300円のかずら橋を渡ってみました。
感想は微妙だったという事で・・・


これも以前から気になっていた八ッ杉千年の森という場所に行ってみました。

人の気配は全くなく、廃墟のような雰囲気が漂っていました。
完全な貸切状態です。

4DSCN6723.jpg
池があったのですが、全く管理されていなくて干上がっていました。

5DSCN6729.jpg
何に使われていたのかは分かりませんが、廃屋です。

6DSCN6752.jpg
意味不明の建物がありました。
案内には「自然観察ハウス」と書いてありました。

中に入ってみましたが、植樹された杉の木が見えるだけです。
杉の木だってこの建物がないほうが鮮明に見る事ができるはずです。

途中クマ注意の看板があったので、クマでも現れれば中からじっくり観察できるかもしれません。
でもガラスが1枚割れていたので、あまり意味がないかもしれません。

こういう意味の分からないものは結構好きです。

DSCN6756.jpg
標高は500mぐらいあり、自然は豊かな場所でした。

昆虫も少しだけ撮ってみました。
例によって、名前は不明です。

9IMG_6360.jpg
10IMG_6362.jpg
11IMG_6413.jpg
IMG_6374.jpg
クロヤマアリのバトル。

IMG_6411.jpg
昆虫に集まるクサアリ。
クサアリについてはあまり興味が持てなくて、それに同定するには標本も必要で、あまり殺生もしたくないのですべてクサアリで通す事にしました。

IMG_6447.jpg
IMG_6456.jpg
不思議なものを見つけました。
ハムシの仲間だと思いますが、メスの腹部がすごい事になっています。
この姿で問題なく移動する事が出来ていました。さすがに飛べはしないと思いますが・・・

見れたのはこの2組だけですが、腹部が膨張しているのはメスだけのようなので、寄生虫ではなく卵巣の発達したものではないかと感じましたが、真実は分かりません。

NEXT Entry
NO.149 幼虫かじりり行動
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。