上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_6738.jpg

画像中央の繭は前回の記事で紹介したケブカ家最大の繭ですが、なぜか色が濃いのです。

繭は時間がたつにつれてだんだん色づいてきますが、まだ繭化して2日目の繭の画像です。

アリは幼虫時代排泄を一切せず、繭化して繭の中で幼虫が蛹になる時に排泄をします。
その排泄物が繭の片方にある黒い粒となって見えるわけですが、上に3つ並んでいる繭には皆黒い粒があります。
ケブカ家最大の繭の中にはまだ幼虫が入っており、繭に黒い粒はありません。
要するに上に3つ並んでいる繭は、すでに蛹になった先輩繭という事になります。

ケブカ家最大の繭は先輩繭よりも明らかに色が濃いのです。


大きくて、しかも繭の色まで違う。
何かこの繭は他とは違うというアピールをしているような気がします。
イレギュラーな存在感があります。

もしかして?という期待を少しだけ持ちつつ、見守っていきたいと思います。
NEXT Entry
NO.158 卵の退色
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。