上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アギトゲさんのアメイロオオアリ採集に刺激を受けて、もし飛んでいればオスアリぐらい見つけられるはずだと、深夜の越前海岸の灯火を3回まわってみましたがだめでした。

まず灯火に翅アリがほとんどいません。
越前海岸は灯火採集には不向きな場所です。

アメイロオオアリは身近に生息する、まだ見ぬ最後の大型のオオアリです。
飼いたいかというと微妙なアリですが、オオアリフリークとしては絶対に見てみたいアリです。
夜行性のアリで、そこに生息しているかどうかの確認も大変そうなので、来年の課題にしようと思います。


キイロシリアゲアリがまだ少数しか確認出来ていません。
今年は飛ばないのかもしれません。
よく分かりません。

DSCN7332.jpg
IMG_8014.jpg
去年女王を亡くしてしまったケブカツヤオオアリですが、実はまだ幼虫が1個体残っています。

1年と3ヶ月ぐらい幼虫のまま生きている計算になります。
間違いなく二夏を幼虫のまま越しました。
不思議な生命力です。

この幼虫が今後どうなるのか興味深い所ですが、今いるワーカー3個体はすべて初期ワーカーなので、もうすぐ寿命を迎えてしまうはずです。
越冬中に死んでしまう個体もいると思います。
最後まで経過を観察するのは無理かもしれません。

NEXT Entry
NO.199 キイロシリアゲアリ飛行
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。