上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年も一度書きましたが、ケブカ家の幼虫かじり行動です。

IMG_0565.jpg
幼虫かじり行動の対象となるのは、比較的大きな幼虫のようです。

IMG_0680.jpg
去年は確か3回確認していますが、今年はすでに7回確認しています。
ワーカー数が増えて、幼虫かじり行動の頻度は明らかに増加しています。

IMG_0728.jpg
これは、容器の外の垂直の壁で行われていた幼虫かじり行動です。
腹部の小さな外勤のアリも幼虫かじり行動に参加するようです。

去年これを初めて見たとき、これはこの幼虫を特別な何かにするための儀式だと感じました。
特別な何かといえば、有翅メスしかありません。
しかし、あまりにも突拍子のない事なので、さすがにブログには書きませんでした。

それからワーカー数が増えて、幼虫かじり行動の頻度も増加した事で、その思いは強くなりました。

そんな中ネットで、ノコギリハリアリにおける血リンパ食とカスト分化の関係というものを見つけました。
実に興味深い事が書かれています。
益々、怪しくなってきたような気がします。

「でも、去年幼虫かじり行動を見たのに有翅メスは生まれなかったんじゃないの?」と言われればその通りなのですが、それでもこの行動は、特別な何かを創造するための儀式に見えるのです。


追記
今回の記事、書こうかどうか迷ったのですが、勢いで書きました。
で、今年はケブカ家に有翅メスが生まれるの?というと、それは別問題という事で・・・

NEXT Entry
NO.265 幼虫かじり行動 その3
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
去年も一度書きましたが、ケブカ家の幼虫かじり行動です。幼虫かじり行動の対象となるのは、比較的大きな幼虫のようです。去年は確か3回確認していますが、今年はすでに7回確認して
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。