上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年はクロオオアリの土飼育に挑戦します。
飼育中、土の中の様子は全く観察出来ませんが、そのおもしろさに結構はまるのではないかと思っています。
子供の頃から憧れていた飼育方法でもあります。

土飼育で一番危惧しているのが、土の崩落です。
土が崩落すると、アリ達は生き埋めになってしまいます。
小さな容器や幅の狭い容器だと崩落の危険性も低いと思いますが、床面積の広い水槽での土飼育だと、何か工夫してあげないと崩落してしまう可能性があると思っています。

土木工学の専門家にでも聞けば、適切なアドバイスももらえそうですが、都合よくそんな知り合いもいないので、試行錯誤して作ってみようと思っています。

まあ、失敗してもいいや、という感じで挑戦してみます。

IMG_3589.jpg
とりあえず敵を知るため、赤玉土と遊んでみました。
赤玉土だとサラサラしすぎて全然ダメなので、一部の粒を壊してみました。

IMG_3593.jpg
土のダンゴが作れるぐらいの状態になりました。
適度に圧縮すると、かなりの強度が得られるような状態です。

IMG_3595.jpg
100yenショップで購入した、花壇用木製フェンスです。
これを埋める予定です。
これだけの事でも、崩落の危険はかなり軽減されるはずだと思っています。

水槽の床にある白いものは石膏です。
飼育中は多分、中の様子が全く分からないので、アリの掘った穴が床まで到達したかどうかの確認のために、少し石膏を流してみました。
もし、床までアリの掘った穴が到達したら、白い石膏のクズが地表に捨てられるはずです。

現在、マダライモリを赤玉土で飼育しており、2年間ぐらい土を交換していませんが、いまだに土はさらさらの状態です。
定期的に湿らせていますが、赤玉土では「雨降って地固まる」という事にはならない様です。
でも、野外でプランターに赤玉土を入れて植物を育てていると、たまにアリが住み着く事がありますが、その土は強固で崩落する気配はありません。

両者の違いは、植物の有無にあると思っています。
植物が根を生やす事によって、土が崩落しにくい構造になっているのだと思っています。
なので、植物も植えてみたいのだけど、それだと維持管理が大変です。
今から植えて成長してくれる植物があれば、とりあえず植えてみて、飼育スタート時に刈り取るのもありなのかな?とも思っています。


追記
IMG_3599.jpg
時間があったので、進めちゃいました。
崩落防止策は思いつくまま何点か施してみましたが、これで大丈夫なのかどうかは、実際やってみない事には分かりません。

IMG_3601.jpg
何だかよく分からない植物も買ってきました。
花を買ったのは、多分、人生初です。

植物を植えて4月上旬までベランダに放置して養生し、その後、最終的な仕上げを行う予定です。

土には微生物の繁殖を促すため、若干の有機物(腐葉土と昆虫マット)を混ぜました。
自分のアリ飼育は、微生物との共存がテーマだったりします。
NEXT Entry
NO.339 あと2ヶ月
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
230
始めまして
時々サイトを拝見させてもらっています。

土飼育は子供の頃にやったことはありますが、本格的な長期飼育となると管理の面などで色々大変そうですね。
是頑張って下さい。

231
麒鱗さん、こんばんは。
アリのブログ書かれておられるんですね。
今後とも、よろしくお願いします。

土飼育の管理は意外と楽なのではないかと思っています。
でも思っているだけで、実際やってみると違うかもしれません。
とりあえず2年間は、この環境でチャレンジしてみようと思っています。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。