上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は雪が降りませんでした。
今からも降る可能性はあるとは思いますが、今からだと降ってもしれてるはずです。
こんな楽チンな冬を過ごしたのは、初めての事かもしれません。
気温も何か例年より高いような気がします。

IMG_3628.jpg
ケブカ家をのぞいて見ると、まだ2月の上旬だというのに、ゆっくりと動いている子がいます。
床面のティッシュのカビの回りぐあいも、明らかに早いです。

安定した低温を提供できる自信がなくなったので、冷蔵庫に移動しました。
今から1ヶ月半ぐらい、冷蔵庫で過ごしてもらいます。


シーズン開幕まで、あと2ヶ月。
もうそろそろ、ケブカ家の新しい家の設計にとりかからなければなりせん。
という事で、新しい家の材料を買ってきました。

IMG_3607.jpg
夏場の保冷を考慮すると、設備の大きさも制限されるので、そこ等辺も考慮して31.5センチの水槽に決定。
2個購入しました。
水槽の付属品が全く必要なく、もったいなかったのですが、1280円という価格に魅かれました。

この2個の水槽が今年のケブカ家の新しい家となります。
エサ場は別途設けます。

IMG_3619.jpg
IMG_3614.jpg
100yenショップをはしごして見つけた、縦積み可能な透明ケース。
メインの子育ての場所として、利用してもらう予定です。

IMG_3623.jpg
IMG_3620.jpg
全体を組み立てるとこんな感じ。

下の4つのケースには保湿剤として湿らせたティッシュを入れ、上の2つのケースは保湿剤なし。
ケブカ家は乾燥した場所での育児を好むので、最終的には自ら上部のケースに移動し、そこで子育てを行ってもらうという感じです。
同じものを2個作ります。

この新しい家がカッコいいかカッコ悪いかと問われれば、間違いなくカッコ悪いけど、ケブカ家には我慢してもらいます。


ケブカ家が3年で3000個体の規模にまで成長してくれたのは、奇跡だと思っています。
ついでなので、今年も奇跡を起こしてもらいます。
絶対、羽アリを生産させてみせます。

オペレーション・スクルド。
ケブカ家をだましてみせます。
NEXT Entry
NO.340 サブ水供給システムについて、ちょっと考察
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
232
ケブカ家の新居、更なる発展が期待できそうですね。
夏場等はよく餌場に繭等を移動していましたので、自分も巣内に乾燥した部屋が必要だと思い、小さなケースを連結しました。

233
takoさん、こんばんは。

最近、油断気味です。
どこに落とし穴があるか分からないので、気を引き締め直したいと思います。
あと、2ヶ月。待ち遠しい。

234
こんばんは!
てんびんセブンさん こんばんは!
ケブカ家の新居の準備始めたのですね!
3年で3千個体・・
今年は更に仲間が増えてゆくのでしょうね!!

235
miracottaさん、こんばんは。

今年は寿命で死亡する個体も1000個体弱だと思うので、順調にいけば4500個体ぐらいになるかもしれません。
油断せずに、がんばってみます。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。