上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1DSCN9130.jpg
ケブカ家の女王のいない水槽の、一番上の場所です。

当初、ワーカーはここには来てくれないだろうと思っていたのですが、来てくれました。
回収不能のビニールチューブが置かれたままになっていますが、もしかしたらこのチューブのおかげでワーカーはこの場所に来てくれたんじゃ?と、何となく感じたので、試しに女王のいる水槽の上部にもビニールチューブを置いてみました。

2DSCN9132.jpg
すると、なんとこちらにもワーカーが来てくれたのです。
こういうアリの気持ちが理解できるようになれば、飼育ももっと楽しくなるかもしれません。

今年はケブカ家の観察は絶望的だと思っていましたが、一部だけですが何とか観察できるようになりました。

4DSCN9136.jpg
今まで女王のいる水槽の、子育て担当係の腹部の状態を確認出来ずにいたのですが、ようやく確認する事ができました。
子育て担当係の腹部の状態に関しては、合格という事で問題ないと思います。


ケブカ家の女王が当家に来てくれたのは3年前の5月21日なので、丁度丸3年たちました。
そして、いよいよ飼育4年目に突入です。

今年、雌雄の羽アリを生産させる予定である事は、当ブログにおいて何度も公言しています。
今回はその手法について書こうと思っていたのですが、まとめるのがすごく大変なので断念しました。

現在の所、ケブカ家の状態や行動(全体的なアリの流れ等)に関して、不満は全くありません。
ほぼ飼い主のイメージ通りに進行しているものと思っています。

そして、いよいよ後2~4ヶ月後には、今まで3年間の答えが出ます。
NEXT Entry
NO.376 初めての枝折り
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。