上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1DSCN9221.jpg
キイロシリアゲアリ達です。

状態は安定しています。
近日中に次の女王淘汰が行われるような事は、ないような気がします。

現在のワーカー数は140個体ぐらいだと思います。
思ったようには増えてくれません。

現在、加温飼育を中止して常温で飼育しているので、室温がもう少し上がってくるまでは、成長速度もゆっくりだと思います。

当家のオオアリ亜属が常温飼育だと、大体6月の上旬から蛹化し始めて、羽化するのが7月の上旬です。
今の時期だと、蛹化から羽化までに大体1ヶ月かかってしまいます。
キイロシリアゲアリの成長速度もオオアリ亜属とほぼ同じくらいだと感じているので、今の時期だと大体それぐらいかかってしまうのかもしれません。


2DSCN9216.jpg
キイロシリアゲアリの栄養交換を紹介します。

一般のアリは食べたエサを腹部にある社会胃に保管して、それを吐き戻して口移しで仲間に分け与えます。

3DSCN9151.jpg
栄養交換は大抵1対1で行われますが、キイロシリアゲアリだと複数で行う栄養交換が普通のようです。

4DSCN9158.jpg
5DSCN9117.jpg
最初これを見た時はたまたまだと思っていたのですが、いつエサをあげてもこのような集団になるので、これがキイロシリアゲアリの正しい栄養交換のあり方なのかもしれません。

6DSCN9171.jpg
ワーカーにエサが回り始めて10分ぐらい経過すると、女王がエサの存在に気がついて、ソワソワしだします。

ちなみに、画像右側の3個体の女王が、エサの存在に気がついた女王です。
ワーカーからエサをもらうために、幼虫の塊とは反対の方向を向いています。

7DSCN9180.jpg
ワーカーと女王の栄養交換です。

現在、女王が飼い主の与えたエサを直接食べる事はなくなりました。
今では女王の食事は、100%ワーカーに依存しています。

こんなに小さくて、まだ数も少ないワーカーからもらうエサだけでは、満足できる量をもらえていないかもしれません。
でも、ワーカー数が増えたり大型ワーカーが出てきたりすると、状況は一変するはずです。
NEXT Entry
NO.380 復活
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。