上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1IMG_6052.jpg
3日前ぐらいから、ケブカ家で羽化が始まりました。

2IMG_6057.jpg
こんにちはー。

羽化ラッシュは、7月の上旬ぐらいからだと思います。
越冬幼虫だけでも多分2000個ぐらいあったはずなので、7月中は1日に70個ぐらいのペースで羽化するのではないかと思っています。

3IMG_6129.jpg
4IMG_6135.jpg
5IMG_6142.jpg
観察可能なスペースですが、現在は一時的な繭の保管場所になっています。

アリの繭は同じ場所に放置される事はなく、定期的に移動が行われますが、その移動の際に利用するスペースとなっているようです。
昼頃からここに繭が運び込まれて、夜になると回収されてスッカラカンになります。今現在はその繰り返しです。

オスアリを生産しているかどうか、繭の特徴から判断できると思っていたのですが、難しいです。

繭の数が多すぎます。
もしオスアリの繭がこれらの中に埋もれていたとしても、それを探し出すのは至難の業です。
怪しそうな繭を取り出す事ができればはっきりすると思いますが、そんな事できる分けがないし・・・

いまだに、これはオスアリの繭だ、と断言できる繭には出会っていません。
ていうか、何かオス繭はいないような気もしてきました。

6IMG_6118.jpg
7IMG_6064.jpg
8IMG_6065.jpg
幼虫の成長過程を追ってみたいのですが、現状では無理です。
ここら辺の幼虫が、有翅雌に分化してくれるとうれしいのですが・・・

まだ何も分かっていませんが、今からです。
飼い主が今年絶対に羽アリを生産させると宣言しているので、ケブカ家も空気を読んでくれるはずです。
NEXT Entry
NO.396 サプライズ・プレゼント
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
322
いつ見ても凄い数の幼虫と蛹。全て羽化すると凄い事になるでしょうね。

323
takoさん、こんばんは。

計算上だと今年5000個体をオーバーするはずなので、このまま順調に行けばそうなるかもしれません。

数はもういいので、今年は羽アリですね。
成功なのか、はたまた失敗なのか?1ヶ月後ぐらいには分かるはずです。

324
たのしみにみさせてもらってます。羽アリは繭をつくったりつくらなかったり種類でちがったりするのでしょうか。クロヤマアリの繭でない蛹をもちかえったら羽アリになったので。

325
Nakaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

アリには繭を張るアリと繭を張らないアリがいます。
フタフシは繭を張らなくて、それ以外のアリは繭を張るという感じだと思います。

クロヤマアリは繭を張る種類のアリなのですが、どういう訳か、繭を張らずに裸蛹になる子が多数出現するようです。
飼育下のみならず野外でもそういう事が認められるので、これは異常とはいえない現象なのかもしれません。

なので、クロヤマアリの繭を張らない蛹から羽アリが出現したのは、たまたまではないかと思います。
繭から羽アリが生まれる事もあるはずです。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。