上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケブカ家の唯一観察できる場所が、現在一時的な繭の保管場所になっている事は前回の記事で書きましたが、そこに、今まで見た事のない大きさの繭が運び込まれていました。

1IMG_6200.jpg
この繭です。
大きいでしょ?
まだ糞の黒い点がないので、繭を作ってからそんなに時間は経過していないようです。

大きい繭は羽化までに時間がかかるみたいなので、この子が羽化するのは7月の下旬頃?
羽アリ生産の時期としてもそんなに間違っていないし、羽アリの繭である可能性もあるのでは?今までこんなに大きな繭は記憶にないし・・・
でもどうやって、こんな大きな繭をここまで運んだんだろう?

とか色々想像しながら、この繭の事でブログを更新していたのですが、ふとケブカ家に目をやると、ケブカ家からのサプライズ・プレゼントがありました。

2IMG_6224.jpg
じゃ~ん。
これです。

ケブカ家が、わざわざ見せてくれたのです。
これで疑惑が確信へと変わりました。

3IMG_6214.jpg
ふ、ふつくしい・・・

全身にツヤが乗り、光り輝いています。
胴体の太さがまた圧巻です。

この存在感、有翅雌の幼虫以外の何物でもないと思います。
見せてくれた有翅雌の幼虫は全部で7個体。

ついに、ついにケブカ家が有翅雌の生産を開始しました。
NEXT Entry
NO.397 傷跡
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
326
この大きさは間違いないですよね。
今後がさらに楽しみです。

いよいよですね。

327
takoさん、こんばんは。

ありがとうございます。
ついにやりました。

まだオスアリを生産してくれているのかどうか確認できてないし、羽化した羽アリを来春までキープしなければならないし、問題は山積ですが、光が見えてきました。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。