上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1IMG_6499.jpg
ケブカ家です。

数日前に冷やし虫家に移動しました。
とはいっても冷やし虫家は故障しているので、これから毎日氷ったペットボトルを入れて保冷する事になります。

エサやりが困難になってきたので、現在はエサ場に通じるエサ場を設けてあります。

2IMG_6434.jpg
1週間ぐらい前に、旧エサ場に大量の繭が運び込まれてしまいました。
これによって、自分が思い描いていた無王群近似環境が、一部破綻してしまいました。

去年一年間ケブカ家の行動をじっくり観察して、これなら大丈夫だろうという事で飼育容器を作成したのですが、失敗してしまいました。
ただ、全くダメという事態でもないような気もします。

3IMG_6408.jpg
冷やし虫家に移動してしまうと、ケブカ家の観察はほぼ出来なくなってしまいます。
なので、その前にどうしても確認しておきたかったのが、オスアリ生産の有無です。
はたしてケブカ家は、現在オスアリを生産してくれているのかどうか?

という事で、7月7日に自分がオスアリっぽいと思っていた繭を一つ強奪しました。
この繭から蛹を取り出して確認すれば、オス生産の有無が分かるはずです。

4IMG_6411.jpg
という事で繭を開けてみたのですが、中には蛹ではなく前蛹が・・・
これじゃー分かんねー。

ケブカ家にはすごく怒られて、パニックも引き起こしてしまったので、再度の繭強奪は断念しました。

5IMG_6417.jpg
このまま発生が進行してくれる事を期待して、タッパーに保管。

6IMG_6495.jpg
発生は進行していたのですが、昨日見てみると干からびて死んでいました。

7IMG_6496.jpg
で、胸の部分にあるのはもしかして翅?
翅に見えるけど、絶対に翅かといわれると自信もないです。

雌雄生殖虫生産の有無を確認した後冷やし虫家に移動する予定でしたが、何かモヤモヤが残る結果となってしまいました。

詳細を知る事が出来るのは、9月上旬に冷やし虫家から出した後です。
それまでおあずけです。
無王群近似環境の一部破綻も気になります。
NEXT Entry
NO.403 桑がない
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。