上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桑の葉を採りにいったついでに、トゲアリの飛行状況を見てきました、

当地のトゲアリの飛行は、9月の上旬に一度あって、それから小休止で、10月の上旬に再び飛行が始まり11月の上旬ぐらいまでダラダラと飛行を続けるというのが大体の流れらしいです。
今は丁度、当地のトゲアリ飛行の空白期間みたいです。
少数のトゲアリ女王を確認する事ができました。

1DSCN9967.jpg
ケブカクロオオアリとのご対面です。

3DSCN9977.jpg
ケブカクロオオアリが怒ってます。

ケブカ家は去年の夏ぐらいから、急に凶暴になりました。
今年は一体何度噛みつかれたことか・・・

手の甲とか足の甲を噛まれると痛いのです。
皮膚の柔らかい部分に噛みつかれると、引っ張っても取れないし、強く引っ張るとアリの首がもげるんじゃないかと心配になるし、そのうち血が出てくる時もあるしで、ほんと大変なのです。

これは活動の切り替えというらしいです。
ケブカ家が大コロニーになった証だと思っています。

活動の切り替えによる凶暴化は、ムネアカオオアリでも見られるようです。
山と沢と木の洞と朽ち木②

そういえば、テレビで見た被災後のDASH村のニホンミツバチの土台に住み着いていたムネアカオオアリも凶暴でした。

アリの脳内物質の増加がどうたらこうたらという話をネットで読んだ記憶があるのですが、そういう事なのかもしれません。
話が脱線してしまいました。

4DSCN9978.jpg
そんな凶暴なケブカ家のワーカーですが、5分ぐらい一緒にすると攻撃もしなくなります。
しかし、ここからがクロオオアリとは違ったのです。

5DSCN9993.jpg
トゲアリ女王がケブカクロオオアリにの後ろや側面から乗ろうとすると、ケブカクロオオアリはくるっと回って正面を向きます。
トゲアリ女王が何度試みてもそうなります。
なので、トゲアリ女王は後ろや側面からケブカクロオオアリの上に乗る事ができません。

6DSCN9998.jpg
7DSCN0002.jpg
それでトゲアリ女王が正面からケブカクロオオアリの上に乗ろうとすると、今度はケブカクロオオアリも同時に頭を持ち上げるのです。
何度やってもそうなるのです。
それでトゲアリ女王は正面からケブカクロオオアリの上に乗る事ができません。

一時間ぐらい一緒にしましたが、結局トゲアリ女王は匂いつけの行動をとる事ができませんでした。
ここら辺とてもおもしろくて、疑問も沢山でてきたのですが、トゲアリを飼育するつもりがなくてかわいそうになってきたのでここまでとしました。
NEXT Entry
NO.433 ケブカクロオオアリ近況
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
372
笑ってしまいました。
どの個体でもそうなるものなんでしょうかね。

373
スラダケさん、こんばんは。

そこら辺はどうなんでしょう?
大きなワーカーと小さなワーカーでも違いがあるかもしれません。
ただ、難しそうだという印象を持ちました。
機会があったら、第二段にも挑戦してみます。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。