上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無王群近似環境に関してのご質問がありましたので、そこら辺の事を書きます。
以下は、現時点での個人的な見解である事をご理解下さい。

1IMG_6792.jpg
生き物が子孫を残そうとするのは自然な事ですよね?
しかし、飼育下のオオアリ亜属は、成熟したコロニーでもなかなか子孫を残そうとしてくれない。

それは何故?
何か障害がある?

栄養というのはピンとこないのです。
オオアリ亜属がメス生殖虫を生産するのに、量的や質的に特別なエサを幼虫に与えている可能性は否定しませんが、それは基本的にアリ側の問題であって飼い主の問題ではないはずです。

アリという動物は、女王物資でカースト制を維持する特殊な動物なので、それが羽アリ生産の障害になっているんじゃないの? なら、カースト制の維持が崩壊した空間を意図的に作り出してあげれば、子孫を残そうとするんじゃないの?
という事で進めてきたのが、無王群近似環境です。

こういうものには閾値が存在するので、女王物質をゼロにする必要はないと思っていました。
なので、近似環境です。


あと、すごく気になっていたのが、ワーカーによるオスアリ殺しです。
せっかく羽アリを生産してくれても、殺されてしまっては何の意味もありません。

たまにクロオオアリやムネアカオオアリの初期コロニーでオスアリを生産したという話を聴きますが、大抵ワーカーに殺されています。

それは何故?
これは、エラー生産と判断されたからだと考えるのが妥当だと思っています。
この考えが正しいとするなら、問題は何故ワーカーがエラー生産と判断したか?という事です。
単純なシステムのはずです。

飼育下におけるオオアリ亜属のオスアリ殺しは、諸事情から、コロニー年齢やコロニー規模とは無関係に生じる可能性があると予想していました。


コロニーが小さいうちは巣も小さいです。
なので、巣全体に女王物質は十分にいきわたっているはずです。

コロニーが大きくなると、巣も巨大化・複雑化して、女王物質の少ない空間が出来てくるはずです。
その空間で生産されたオスアリのみ正しい生産だと判断されるとしたら、小さなコロニーで生産したオスアリはエラーと判断されるし、大きなコロニーで生産したオスアリはエラーと判断されないわけで、単純で合理的だと思いませんか?
オオアリ亜属のオスアリ殺しに関しては、大体そんな感じの事をイメージしていました。


オオアリ亜属のオスアリ殺しに関しては、データも少なく想像するしかなかったのですが、今年スラダケさんから貴重なデータが提供されました。
飼育8年目、コロニー規模5000個体のクロオオアリにおいてもオスアリ殺しが見られたようです。
飼育下におけるオオアリ亜属のオスアリ殺しは、コロニー規模やコロニー年齢とは無関係に生じるものだと予想していたので、それを裏付ける結果が出ました。
まぁ、1例だけですが・・・

スラダケさんの例は、自然の巣と飼育容器の構造上の違いから、正しい生産をエラー生産とミスジャッジした状態であろうと予想しています。


見方を変えると、オオアリ亜属のオスアリ殺しはカースト制の維持行為そのものだと思っています。
なので、カースト制の維持の崩壊した無王群近似環境を用意してあげて、そこでオスアリを生産させれば殺されないだろうと予想していました。


以上が、無王群近似環境を作ってみようという思いに至った大体の流れです。
ちょっと違うような気もしますが、説明するのも難しいので、まぁ大体こんな感じです。

要するに、無王群近似環境を作成すれば、羽アリを生産してくれるし、生産されたオスアリが殺される事もないはずだ、という事で進めてきました。

次回、無王群近似環境作成の手法について書きます。
NEXT Entry
NO.438 無王群近似環境に関して その2
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
380
tenさん
今我が家のコロニーは、この無王群近似環境説の実験台として最適だと思います。
実は今、越冬幼虫の中に大小がいることが分かりました。
クロオオの雌アリ幼虫は越冬して羽化するという話を聞いたのですが、その越冬幼虫は、一回り大きいらしいのです。
ただ、この情報は僕の記憶が曖昧なのでひとまず置いといて・・・。
そのような幼虫が巣全体にあって、11室(ケース)に分かれている状態です。
それを、女王のいる方といない方の2つに分けます。
近似ではなく、本当の無王群を作ります。実験ですから、もしかしたら女王物質が届いているかもしれないという懸念は作りたくないですからね。
それで、それぞれの幼虫の反応と、羽化後の過程を観察するのです。
どうでしょう。差支えなければ、この実験をブログで公開させてください。

381
スラダケさん、こんばんは。

オオアリ亜属の越冬幼虫って、大小の2種類いることがありますよね。
でも、ケブカ家の飼育1年目の秋でも、その現象がみられたんですよ。
ケブカ家飼育1年目の秋に、大きい幼虫と小さな幼虫がきちんと分別されていて、その様子をブログに書いた記憶があります。
アリが越冬準備を始めた時点で、すでに幼虫だったものが大きな越冬幼虫になり、その時点で卵だったものはあまり育てられずに小さな越冬幼虫になるのかなーと思っていました。
ここら辺はよく分かりませんね。

比較して実験されると、何か新しい発見があるかもしれませんね。
ブログの更新楽しみにしています。

382
血縁選択説
tenさんこんばんは。女王の無精卵によるオスアリが何故殺されるのか?逆に、無王群近似環境説(働きアリからの無精卵)によるオスアリは何故殺されない可能性があるのか?と仮に大別して宜しいですか。

経験も観察も勉強もたいして長くやっていない私が、急に「血縁選択説」なんて言ったら、生意気の上に気が狂ったかと思われるでしょう。
私も頭の中で、整理しきれない部分はあります。

ただ、働きありから見た、オスアリのゲノムは、オオアリ亜族の場合、女王ありから誕生したオスは、25%の共有部分を持ち、働きアリから誕生したオスは50%の共有部分を持つと考えられます。(%は家に帰り確認します)

従って、利己的遺伝子(?)による選択は、働きアリから誕生したオスありの方が遺伝的に自分たちの遺伝子を多く子供達に引き継ぐことになるというものです。

全部のオスアリが総て働きアリの生産によるものかは、正直判りません。

アリはスズメバチから分科したそうです。オオスズメバチのオスは女王以外の働きバチのゲノムを持つものがいるそうです。

これは、「永遠の0」の作者 百田尚樹 さんの小説「風の中のマリア(或るオオスズメバチの働きバチを主人公にしたオオスズメバチの生態小説です。)」に解説されていたものです。非常に最新の生態を判りやすく専門的に説明された小説です。又、オオスズメバチの生態は、オオアリ亜族に大変似ております。

オオアリ亜族の幼虫咬みも、若しかしたらオオスズメバチの幼虫からの栄養、食料補給と同類かも知れないなどと、勝手に妄想している現在です(笑い)。



383
tenさんこんばんは。女王の無精卵によるオスアリが何故殺されるのか?逆に、無王群近似環境説(働きアリからの無精卵)によるオスアリは何故殺されない可能性があるのか?と仮に大別して宜しいですか。

全くよくないです。
最後にまとめてありますように、オスアリ殺しはカースト制の維持行為だと予想しています。
由来はとわないものと予想しています。

384
tenさん 仮定から大きな間違いをして失礼しました。更に数字もよく調べずに間違った数字を挙げてしまいした。


Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。