上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事で、無王群近似環境について書きましたので、今回はその手法について書いて、締めくくりたいと思います。
繰り返しになりますが、以下は現時点での個人的な見解である事をご理解下さい。


飼育下で女王物質を遮断した環境を作るにはどうすればいいのか?
ネットで情報を色々調べてみたのですが、女王物質には揮発性の場合と不揮発性の場合がある事が分かりました。

確か、シロアリの女王物質が揮発性で、ヤマトアシナガアリの女王物質が不揮発性だったと記憶しています。
大分前の事なので、記憶違いがあるかもしれません。

隣の家でカレーを作っていたとしたら、匂いで分かる事がありますよね。
それは揮発性だから分かるわけです。
でも10軒ぐらい離れた家でカレーを作ったとしたらどうでしょう?
それを匂いで知る事は困難なはずです。
という事で、ケブカクロオオアリの女王物質がもし揮発性だとしたら、距離を取る事が有効な手段になるはずです。
それ以外にも、ナベにフタをするような方法など、色々な方法がありそうです。

では、不揮発性だった場合はどうでしょうか。
不揮発性の女王物質の場合、その情報は女王物質に直接触れたワーカーのみが認識するのかというと、実はそうでもなさそうなのです。
ワーカーからワーカーへと、情報が伝達される可能性もあるらしいのです。

では、ケブカクロオオアリの女王物質が不揮発性だとしたら、どのようにすれば女王物質を遮断した空間を作る事が出来るでしょうか?
この場合、距離はあまり意味をなさなくなるはずです。
でも、全体的なアリの流れをコントロールする事が出来れば、ゼロにする事は出来なくても、濃度の低い空間(集団)を作る事はできるはずです。


という事で一昨年のシーズンを通してケブカ家を観察してきた分けですが、ケブカクロオオアリの女王物質はおそらく不揮発性であろう、という結論に達しました。

という事で、ケブカクロオオアリの女王物質は不揮発性であろうという予想のもと、飼育容器を作成しました。
(一応、揮発性だった場合でも対応出来るようにはしたつもりです。)


ssIMG_3730[1]
作成した容器です。
全部で3パターンぐらい考えたのですが、大きさに制限があったので、この形になりました。
妥協の産物です。

エサ場と書いてありますが、これは正確にいうと、地表とか地面とかそういうものに相当する場所です。
アリは地表に出てエサを捜すわけで、また地表は永遠に同じ場所に存在するわけで、なのでこの場所は固定です。

飼育容器内のアリの流れに一番影響を与えるのは、採餌活動であろうと思っていました。
なので、地表に相当する固定したエサ場を設ける事で、アリの全体的な流れをコントロールできるはずだ、という事で進めてきました。
当然、左の水槽から右の水槽に移動するアリはいるし、逆もまた然りですが、女王物質をゼロにする必要はないと思っていたので、まぁこれぐらいの事をすれば十分であろうと。

これで、右側の水槽で雌雄の羽アリを生産してくれ、そして生産されたオスアリが殺される事もないはずだ、という事で進めてきました。

aIMG_6795.jpg
無事、ケブカ家は右側の水槽で雌雄の羽アリを生産してくれ、そしてオスアリも殺される事なく、現在に至っています。

雌雄の羽アリ生産に関しては当初結構自信があったのですが、実際にやってみて、新たな疑問もたくさん出てきました。
もう一回やってみるとどうなるかは分かりません。

色々試行錯誤しながら戦略を立てて羽アリを生産させる過程は面白かったのですが、観察できないストレスが半端なかったので、こういう飼育方法は今回を最初で最後にしようと思っています。
苦いコーヒーを飲みながら、ボーっとケブカ家を眺めるのがいいです。
アリ飼育はやっぱり観察できなきゃね。

来春はいよいよペアリングです。
一発勝負という事で決めたいと思います。
ていうか決めます。
NEXT Entry
NO.439 秋の装い
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。