上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1DSCN6117.jpg
去年の9月に採集した、キイロケアリ亜属です。

越冬幼虫が11個、育ってきています。
まだ産卵は開始していません。
幼虫11個で手一杯なのかな?

エサは4月にメープルシロップを一度あげただけなので、エサが足りなかったのかもしれません。
ここから、こまめな世話に移行していきます。

2DSCN6121.jpg
という事で、冷凍ハニーワームを。

3DSCN6123.jpg
入れた瞬間に両者は遭遇したので、驚いて逃げ出すかな?と思ったのですが、食べてくれました。
相当お腹が空いていたのかもしれません。

4DSCN6126.jpg
石膏巣にこういう風にくぼみを作る方法、真似させてもらいました。
こういうくぼみがあるだけでアリはケースの中央に陣取ってくれるので、観察しやすくなります。
おもしろいものです。   

5DSCN6128.jpg
6DSCN6130.jpg
ひとしきり食べ終わったら、幼虫の所に運んでいきました。

9IMG_7352.jpg
確か前回失敗してるので、今回はワーカーにお目にかかりたいです。
NEXT Entry
NO.476 さよなら
NEW Topics
NO.493 メス生殖虫羽化
NO.492 ケブカ家 オスアリ誕生
NO.491 ヤマトアシナガアリ オスアリ誕生
NO.490 ドーム撤去
NO.489 土飼育クロオオアリ近況
Comment
484
tenさんこんばんは。
翅が1枚残っているのは珍しいですね。本人も気にしてないようですし、邪魔じゃなければ良いということですかね。食欲も十分ありますし、今後の成長が楽しみですね。
ちなみに、そちらでは平野でもキイロケは飛ぶのですか、こちらではまったく出会えません…

485
nonさん、こんばんは。

キイロケアリは当地だと数は多くないですが、割とどこにでもいます。

飛行時期がちょっと特殊ですね。
当地だと8月24日ぐらいから飛び始めて、キイロシリアゲアリが多数飛行する頃には、もう数が極端に少なくなってしまう感じです。
飛行期間がすごく短くて、その間でも飛ばない日は飛ばないので、割と見つけにくい感じです。

488
tenさんこんばんは。
数が少ないけど身近にいるんですね、羨ましいです。何せキイロケアリの女王は今まで自分で採集したことがないもので…

489
nonさん、こんにちは。

いる事はいますが、翅を落とした女王を見つけるのはスペシャルに難しいです。
ていうか、まだ見たことがないかもしれません。
そこら辺の記憶が曖昧になってます。

この子の幼虫、少し大きいような気がします。
全部オスアリなんじゃないかと、若干疑っています。

490
tenさんこんにちは。
そうですか、キイロケアリは南方だとやはり山間部の生息が基本なんでしょうかね。幼虫ですが、見た感じ現段階では解りませんが、幼虫の体型が細長いのが気になります。雄でないといいですね。私は2年前の夏にテラニシケアリの新女王を北海道で偶然採集しましたが、寄生させ生まれてきたのが全て雄でした。大事に育てていたのでガックリきました。

491
nonさん、こんばんは。

オスならオスでおもしろそうなので、それでもいいかなーと思っています。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てんびんセブン

Author:てんびんセブン

YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。